仮性包茎が再発した場合も悩みが発生

仮性包茎が再発してしまった時には新たな悩みが発生する

仮性包茎を治したいと思って包茎手術を受けたのに、その後仮性包茎が再発してしまうことはあるのでしょうか。
そうなってしまった場合は、手術を受ける前と同じように性器の見た目が悪いという悩みが発生するでしょうし、亀頭に再び包皮が被ってしまっていることにより、清潔感を保ちにくいことやニオイが気になるといった悩みも出てくることが考えられます。

実は、包茎手術をした人に仮性包茎が再発するケースは、そんなに珍しいことではないとされています。
そうなってしまう理由の一つは、手術のやり方が悪くて包皮が再び被ってしまうというケースです。
仮性包茎を治す時は余っている包皮を切除することになりますが、包皮をどの部分で切るか、どの位の長さを切るかのやり方次第で手術後の満足感が変わってくることになります。
手術を受けた後で仮性包茎が再発したと感じられるのであれば、包皮の切り方に何らかの問題があってまた被っているという可能性もあるので、再発によって発生した悩みがつらくて耐えられない場合は、もう一度クリニックで相談して対応を考えるのがおすすめです。

仮性包茎が再発した時は再度クリニックで悩みを相談しよう

仮性包茎の手術を過去に受けた人が、また仮性包茎の状態になってしまうケースには、手術を受けた時よりも太ってしまったことが原因となっている場合もあります。
せっかく手術によって仮性包茎を治しても、体重の増加により下腹部に脂肪がついてしまい、露出していた亀頭に包皮が被るようになったというケースは少なくないのです。
このような原因で仮性包茎が再発すると、性器の見た目が良くないという悩みが出てくることが考えられますし、包皮が余っていることにより性交の時にコンドームがずれるといった悩みも発生する可能性があります。

以前クリニックで包茎手術を利用したのに仮性包茎が再発して困っているという場合には、以前と同じクリニックで相談して最適な方法で改善を目指す方法もありますし、他のクリニックでもっと良い治療ができないかを考えてみるのも良いでしょう。
一度手術を受けている人なら、余っている包皮を切除する以外に長茎術などの他の方法を使って悩みを解消できる場合もあるため、信頼できそうなクリニックで相談してご自身に合った解決方法を見つけてはいかがでしょうか。

まとめ

包茎手術を完了させたのに、その後仮性包茎が再発してしまった場合、多くの人がショックを受けるのではないでしょうか。
再度仮性包茎になってしまった時には、また性器の見た目が格好悪いことに悩まなければなりませんし、清潔感が保てるのかどうかも悩みになります。

仮性包茎が再発したと感じられる原因は、手術に問題があった場合の他に体重の増加や老化が関係していることもあります。
そのような時には、包茎手術ができるクリニックに行って相談すると解決方法が見つかることが多いため、悩んでいないで相談するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。