仮性包茎についての誤解が招く悩み

仮性包茎が少数派で恥ずかしいという誤解

仮性包茎でよくある悩みとして挙げられるのは、仮性包茎が恥ずかしいというものです。
そしてあくまでも一部の男性にしか起こっていない、特殊なものだと考えられていることも少なくありません。
しかし現実は仮性包茎は特におかしいものではなく、程度を問わなければ男性のおよそ7割ほどが仮性包茎だと考えられています。

けれど男性が他の男性の性器を見る機会はあまりありません。
まして仮性包茎かどうかを確かめるために、包皮を剥くことができるかを確認する機会はよりいっそう少ないでしょう。
日本では性器の映像や画像を広めることが法律で禁止されているため、実物を確認する以外の方法は、医学的な場面しかないと言えるでしょう。
治療など医学的な目的であれば、法律では許されているからです。
そんな状況の中で一部の人が仮性包茎が恥ずかしいものだという話をしてしまうと、周囲の人のことをあまり良く知らない人が勝手に悩みにしてしまうというわけです。

治療しなければならないという誤解

仮性包茎は基本的に、健康的には特に何も問題はありません。
性交渉の際にも自分で包皮を剥くことができる上に、しっかりと刺激を受けることができます。
また亀頭の縁までちゃんと洗えるため、衛生面で特に重大な問題になることもないでしょう。
そうであるにも関わらず、仮性包茎を悩みにしている人は、必ず治療をしなければならないという誤解をしている場合があります。
仮性包茎が恥ずかしいもので、男性として一人前になるには治療をしなければならないと考えるパターンです。

もちろん仮性包茎を治療すると、余計な包皮がなくなって常に亀頭を剥き出しにしていたり、性交渉の際によりしっかりした刺激を受けられたりします。
しかしそれは必須ではありません。
さらに仮性包茎の治療はあくまでも自費診療扱いとなるため、高額な費用がかかります。
したがって本当に大きな悩みとなっていて、治療をすることで大きな恩恵を得られる場合にのみ、治療を受けるようにしましょう。

まとめ

仮性包茎は多くの男性がなっているものなので、そこまで深刻な悩みとして持っておく必要はありません。
特に恥ずかしいものだという誤解を持っていると、精神的に落ち込んだり必要のない治療に踏み出したりしてしまうなどの問題に発展しかねません。
大切なのは自身の仮性包茎について、正しい知識を持っておくことです。
そのためにも数多くの情報を得た上で、信頼できるものを厳選しておくと良いでしょう。
情報に振り回されないことはとても重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。